『しあわせのパン』スタッフ

しあわせのパン

三島有紀子(監督・脚本)
三島有紀子(監督・脚本)

大阪府出身。18歳からインディーズ映画を撮り始め、大学卒業後、NHKに入局。「NHKスペシャル」「トップランナー」など、『人生で突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生』をテーマに一貫して市井を生きる人々のドキュメンタリー作品を監督。11年間の在籍を経て、フリーランスに。以降、助監督をやりながら脚本を書き続け、『刺青〜匂ひ月のごとく〜』(09)で映画監督デビュー。テレビドラマ「京都地検の女」(07/EX)、「妄想姉妹~文學という名のもとに~」(09/NTV)、「LOVE GAME」(09/YTV)、「アザミ嬢のララバイ」(10/MBS)なども数多く演出。オリジナル脚本「世界がお前を呼ばないなら」は09年サンダンスNHK国際映像作家賞で優秀作品選出。

安川午朗(音楽)

愛知県出身。代表作は『ヌードの夜』(93/石井隆監督)、『しゃべれどもしゃべれども』(07/平山秀幸監督)、『どろろ』(07/塩田明彦監督)、『ヘヴンズストーリー』(10/瀬々敬久監督)、『ちょんまげぷりん』(10/中村義洋監督)『八日目の蝉』(11/成島出監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)など。

鈴井亜由美(企画)

北海道出身。大泉洋らTEAM NACSが所属する芸能プロダクション「クリエイティブオフィスキュー」副社長。鈴井貴之監督作の映画『man-hole』(00)、『river』(03)、TEAM NACS全国公演をはじめ、数々の映像作品・演劇等をプロデュース。

森谷雄(プロデュース)

愛知県出身。アットムービー代表取締役。代表作は連続ドラマ「天体観測」(02/CX)、「ザ・クイズショウ」(08/NTV)、「33分探偵」(08/CX)、映画『シムソンズ』(06/佐藤祐市監督)、『Little DJ~小さな恋の物語』(07/永田琴監督)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08/塚本連平監督)など。

しあわせのパン

瀬川龍[J.S.C](撮影)

代表作:『富江 BEGINNING』(05/及川中監督)、『ザ・コテージ the Cottage』(06/葉山陽一郎監督)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08/塚本連平監督)、『E.YAZAWA ROCK』(09/増田久雄監督)、『僕たちのプレイボール』(10/三村順一監督)など。

原由巳(照明)

代表作:『釣りバカ日誌』シリーズ、『宮城野』(08/山崎達璽監督)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08/塚本連平監督)、『学校をつくろう』(11/神山征二郎)など。

小宮元(録音)

代表作:『愛のむきだし』(08/園子温監督)、『インスタント沼』(09/三木聡監督)、『冷たい熱帯魚』(10/園子温監督)、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10/ 錦織良成監督)、『キミとボク』(11/ 窪田崇監督)など。

井上静香(美術)

代表作:『鈍獣』(09/細野ひで晃監督)、『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』(10/李闘士男監督)に装飾担当として参加。その他、助手として『西の魔女が死んだ』(08/長崎俊一監督)、『ヤッターマン』(09/三池崇史監督)、『ステキな金縛り』(11/三谷幸喜監督)にも参加。

宮本まさ江(衣装)

代表作:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07/松岡錠司監督)、『劔岳 点の記』(08/木村大作監督)、『人間失格』(09/荒戸源次郎監督)、『ゲゲゲの女房』(10/ 鈴木卓爾監督)、『酔いがさめたら、うちに帰ろう』(10/東陽一監督)、『うさぎドロップ』(11/SABU監督)など。

大森伃佑子(スタイリスト/原田知世担当)

80年代に雑誌「オリーブ」でスタイリスト人生をはじめる。現在雑誌「装苑」でファッションページを連載中。他、トップスタイリストとして各方面で活躍。

石森いづみ[石森スタジオ](フードスタイリスト)

林忠デザイン事務所でデザインの基礎を学び、フランスパリにてファッション特派員のアシスタントを経験。帰国後、フリー編集者を経てNHK「きょうの料理」のフードスタイリストに。故、伊丹十三監督「タンポポ」(85)にも参加。現在はTVコマーシャル、スチールのフードスタイリングで今だ現役。

加藤ひとみ(編集)

代表作:『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(09/白石和彌監督)、『アブラクサスの祭』(10/加藤直輝監督)など。

しあわせのパン

製作:「しあわせのパン」製作委員会  企画:クリエイティブオフィスキュー  製作プロダクション:アットムービー  配給:アスミック・エース