イントロダクション

北海道の湖のほとりにある
パンカフェから届いた、
とある一年の物語。

今冬、北海道から心あたたまる映画をお届けします。舞台は、北海道・洞爺湖のほとりにある小さなまち・月浦。映画『しあわせのパン』は、宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェを営む夫婦と、その店を訪れるお客さまたちの人生を描く、春夏秋冬の物語です。

妻の水縞りえを演じるのは、『時をかける少女』以降数多くの映画に出演、ミュージシャンとしても活躍し、2012年にデビュー30周年を迎える原田知世。その自然な存在感が、作品の世界観に安らかな空気を吹き込む。夫の水縞尚には「水曜どうでしょう」(HTB)で人気が爆発、映画・TV・舞台と幅広い活動が目覚ましい北海道出身の大泉洋。妻を寡黙に見守る夫を演じ、これまでとは違う新しい魅力を放つ。[マーニ]を訪れる人々には、森カンナ、平岡祐太、光石研、八木優希、中村嘉葎雄、渡辺美佐子、大橋のぞみ、あがた森魚、余貴美子など個性的な俳優たちが脇を固め、四季の物語にスパイスを加える。

大泉洋が所属するTEAM NACSを擁するクリエイティブオフィスキューの鈴井亜由美が「北海道の知られていない魅力を伝える映画を創りたい」という想いから企画、『シムソンズ』『Little DJ~小さな恋の物語』など北海道が舞台の映画を多く製作してきたアットムービーの森谷雄がプロデュース。

監督は、NHKでドキュメンタリーを数多く手掛け、本作が長編映画初監督となる三島有紀子。主題歌にもなっている矢野顕子と忌野清志郎の二人が歌う名曲「ひとつだけ」からインスパイアされて脚本を書き下ろし、オール北海道ロケに臨んだ。

どこまでも続く緑の草原、紺碧の湖、一面を埋め尽くす真っ白な雪。人生に迷ったとき、ちょっとひと息つきたいとき、旅へ出るような気分で[マーニ]へお越し下さい。月浦の自然の風景と人々が、きっとあなたを包んで、”ほんとにたいせつなもの“が見えてくるはずです。

カフェマーニの1年

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ[マーニ]を始めた夫婦、りえさんと水縞くん。水縞くんがパンを焼き、りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。

北海道から出られない青年トキオ、なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家ヨーコさん、口をきかない少女未久とパパ、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部さん、沖縄旅行をすっぽかされた傷心のカオリ、観察好きの羊のゾーヴァ、そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻。

それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、心の中の“しあわせ”とは?そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは?

クレジット

CAST

原田知世  大泉 洋

森カンナ  平岡祐太
光石研  八木優希
中村嘉葎雄  渡辺美佐子
中村靖日 池谷のぶえ 本多力 霧島れいか
大橋のぞみ(声の出演) あがた森魚 余貴美子

STAFF

監督・脚本: 三島有紀子【第一回長編監督作品】
音楽:安川午朗
主題歌:「ひとつだけ」矢野顕子 with 忌野清志郎